D500のイメージセンサー清掃 ・ 韓国のニコンサービスセンター

今年5月に買ったばかりのD500ですが、早々にイメージセンサーの汚れが気になるようになってきました。やはりニコンのセンサークリーニング機能はイマイチですね。私が使ってきた中では、初めてセンサークリーニング機能を搭載したD300からD500まで、殆ど進歩した実感がありません。ということで、Nikon Koreaのサイトでサービスセンターを探してみるとうちの近所にあることが分かったので行ってきました。

場所は新道林(신도림・・・シンドリム)テクノマートの3階にあります。

また、ソウル以外の韓国各地にもあるようです。

日本のS/Sはニコンイメージングジャパンの直営だと思いますが、シンドリムのS/Sの方と話したところ、韓国のS/Sは基本的にニコンイメージングコリアとの代理店契約だそうです。ただ、南大門近くにあるこちらのS/Sだけは直営とのことです(私の韓国語はまだまだ怪しいので聞き違いかも知れませんが)。

新道林S/Sにて。
日本の東京、名古屋、大阪などとは違い、こじんまりとした雰囲気です。

D500もPRしていましたが実機は置いていませんでした。

韓国でも日本と同様に購入後1年間のメーカー保証期間中は無料で清掃してくれるそうですが、私のD500は日本で購入したものですので有償対応です。料金は9,900ウォン、日本とほぼ同レベルです。

清掃前の状態。絞りf/18、以下の画像は汚れが分かりやすいようにトーンカーブを弄ってコントラストも上げています。勿論、本来こんな色調ではありません。

↓ミラーアップしてブロワーで吹いてみましたが駄目でした。

↓その次に、改めてMenuからセンサークリーニングをしても効果無しでした。

↓そしてS/Sでの清掃後。当然ながら綺麗になりました。

私がクリーニングを待っていると、先ず、私の前にD750を持ち込んだおじさんに話し掛けられました。拙いながら私が韓国語を話すのを見てなのでしょう、「韓国ではどのぐらい滞在の予定ですか?」「どこに行かれる予定ですか?」など。私、「いえ、旅行ではなく日本からこの近所に引っ越してきました」「家内は韓国人です」「飛行機撮影が好きで、仁川や金浦空港に行ったり、ブラックイーグルスも撮ってます」など。

そのおじさん、根っからのニコン党で、F5や、初めて買ったデジタル機のD50は今でも売らず、大切に持っているとのことでした。また、登山(と言うか、ハイキング+αの山登り)好きな人が多い韓国らしく山での花の撮影を楽しんでいて、メインレンズは85mm f/1.8だと仰っていました。

すると、私たちの会話の様子を見たS/Sスタッフにも話し掛けられ、「D500は如何ですか?」「日本でのD500の価格は?」「D800EとD500、どのように使い分けているんですか?」「やっぱりD500のメインは連写ですか?」etc… 私は汗をかきながら、私のヒコーキ写真愛や、日本にはヒコーキ写真マニアが多いことなどを話し、結局1時間近く韓国語で会話しました(汗)。特に、何年か前の岐阜基地の航空祭には約16万人の観客が集まったことを話すと、「16万??1,600や1万6千じゃなくて??」と驚かれていました。

やはり、趣味の話題に国境はありませんね。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする