8月15日のソウル — 韓国では独立記念日

日本では8月15日は終戦記念日、又は終戦の日と言いますが、韓国では「光復節」と言います。要は日本から独立した日ということで、お祝い&愛国心モードが高まる日のようです。在韓日本大使館からは、私を含め在留届を出している邦人向けに注意喚起のメールが届いていました。

『在韓国日本国大使館からのお知らせです。8月14日及び15日に旧日本大使館前、光化門、大学路等において各種集会が行われる可能性が あります。在留邦人及び観光で来られた皆様は、外出する際、デモが行われている場所をできるだけ避けて行動するなど、無用のトラブルに巻き込まれることの ないよう御注意願います』という内容です。

そう言われるとちょっと垣間見たくなり、久々に市内中心部に行ってみました。

朝、先ず気付いたのがGoogleの画面。崇礼門のイラストになっていました。

うちの家から外を見ると…

アパートでも国旗を掲揚している家がちらほら。
この写真だけでも6件が掲揚しています。

私が見ている間にも国旗を掲揚するおじさんが。

エレベーターに乗るとこんな掲示が。
「祖国が日本から念願の独立を果たした日です。暗黒の中、一筋の光と希望を取り戻し、独立してから71周年となる日です。今一度、祖国独立のため国内外で犠牲になった先祖の方々の冥福を祈り、この日について深く深く考える意味のある時間を過ごしましょう」(・・・やや意訳ですが)の貼り紙が。

拙宅前にも数日前から掲揚されている国旗。

とりあえず崇礼門(南大門)に行ってみましたが、休日なのでむしろ交通量は普段より少なく、特に変わった様子はありません。

ただ、やはり市内中心部でも国旗が目に付きます。

南大門市場も普段と変わらない雰囲気。

市庁前の広場にはステージが組まれていましたが、私が行った時間帯には特に何も無し。

子供たちが噴水の水遊びに興じていました。

市庁舎には国旗と何やら寄せ書きが。

暑い中、韓服を着るお姉さん達(単なる外国人観光客のコスプレ?)

タクシーも国旗掲揚。

清渓川に行くと政治集会をやってました。やはり異様な雰囲気。

建国68周年を祝う式典。THAAD配備は支持する団体のようです。

李承晩元大統領。右寄りの集会のようです。

光化門の方に行ってみました。

光復節とは関係無いのだけど、セウォル号遺族の集会。

「今でもセウォル号には人がいるのだ!」というメッセージ。

どこでもコンサートをやってしまう韓国人。そして、前で踊るおじいさん。

世宗王像の前でテコンドーを披露する少年達。

光化門の前にて。

そして慰安婦像の方に行ってみましたが。

人は居るには居たものの、どうも集会らしきものは終わった後の模様。むしろ、毎週水曜日の集会(以前、私がパスポート更新手続きに行ったのが水曜日だったので見たことがある)の方が盛り上がっていました。

ここって、今や観光地??

愛国心について改めて考えさせられたひと時でした。韓国も極端な部分が多々ありますが、日本で、特に、我々の世代が”日教組”教師達から受けた自虐的な教育にも問題が多々有ったと思います。これ以上のコメントは差し控えますが、やはり国歌や国旗に敬意を払う姿勢は必要でしょう。勿論、自国、他国問わずに。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする