韓国版CP+…Seoul Photo Imaging 2017に行ってきた

先週の土曜日、Photo Imaging 2017というイベントに行ってきました。カメラや撮影関連機材の展示会なので、日本で言えばCP+のような位置付けのショーですね。私は昨年に続き2度目の訪問です。

会場はソウル江南(강남=カンナム)のCOEX。日本で言えば幕張メッセ程の規模ではない代わりに都心に有るという、東京ビッグサイト的な位置付けの展示会場といったところです。

入場すると先ず目の前にあったのはHOYAフィルターのブースでした。

お姉さんまで動員して、中々気合が入っていました。

以下、観覧した順序は無視して大手から紹介します。

キヤノン

楽器を演奏しながら踊るお姉さん達と、群がるカメラ小僧達。

流石はNo.1メーカー、熱気に溢れていました。

長玉もトライさせてくれます。

こういった展示方法は日本と同様です。

EOSシステム30周年の展示

EOS初代の650と初代EOS-1

Fマウントを堅持しているニコンは偉いと思いますが、当時、思い切ってEOSマウントに切り替えたキヤノンの勇気もこれまた偉いと思います。

初代Kissデジタルですが、”EOS Kiss”という名称は恐らく日本市場向けのみで、海外では数字+Dが基本です。

ソニー

キヤノンに負けず劣らず、大規模なブースでした。気合入ってます。

この写真真ん中の上あたりに写っているように、階段を上がって中2階のテラスから試写できます。

テラスからの試写はどうも予約制か何かだったのか、階段のところに係員が立っていて入場制限していましたが、私が英語で「上に上がっても良いか?」と尋ねたら通してくれました。外国人が英語で言うと何とかなってしまうことは韓国では良くあることです。

テラスから広角で撮ってみました。試写機に自分のSDカードを入れて撮ってみようと思ったらメモリーカードの蓋はテープで塞がれていました。ですので、この写真はブースの試写機ではなく私のニコン1で撮ったものです。

こちらは私のD500+16-85mmで撮ったものです。カメラ小僧なら70-200mm f2.8とかで撮るのでしょうけど、私はあまりそういった分野には興味がないので、この日はニコワンV3+広角ズームと、前述のD500の組み合わせで臨みました。軽いから楽なんですよね。

α7系とα99IIがソニーブースの一押し製品だったようです。

α99II、先日日本に一時帰国した際にヨドバシでちょっと触ってみましたが、EVFも見易くAFもスイスイ合うし、中々良さそうですね。

Gレンズ24-70 f2.8とカットモデル。

ハッセル & ライカ

韓国でも”沼にハマる”富裕層が増えているのでしょう。立派なブースを出していました。同じ代理店が取り扱っているようです。

Hasselblad X1D。5,000万画素もあるんですね。

続いてはレンズメーカー編です。

サムヤン

先ずは地元韓国のサムヤンから。

結構ラインナップが充実しているんですね。

シフトレンズも有ったりします。

マウント毎にサンプルが準備されていてタッチ&トライ可能でした。

サムヤンのサイトです。一部ちょっとぎこちない部分もありますが日本語もあります。1972年に監視カメラ用レンズメーカーとして韓国で創業し、一般カメラ用分野にも進出したそうです。ハングル表記は”삼양 옵틱스”日本語では「三洋オプティクス」です。長らくMFのみでしたが50mm f1.4を皮切りにAFにも手を広げつつあるようです。日本ではKenko Tokinaが取り扱っています。

TAMRON

シグマと並んで日本を代表するサードパーティレンズメーカーですね。

ここも試写可能でした。

超広角で手振れ補正も付いていながら価格はスペックの割に手頃なので、タムロンで興味があるのはこれかな。

タムロンお得意の超望遠ズーム。

ツァイス

ラインナップを一通り展示していました。

LAOWA

聞いたことありませんでしたが、ラオワという中国のレンズメーカーだそうです。

7.5mm f2とか15mm  f2など、個性的なレンズが多いですね。私のD500に12mm f2.8を付けさせてもらいました。質感やフォーカスリングの感触など、悪くなかったです。で、ググってみたらこれもKenko Tokinaで取り扱っていますが、このレンズ、16万円もするんですね。聞いてみたところCPUは非内蔵とのことでした。

主だったカメラ、レンズ関係のブースはこんなところです。
あれっ、オリンパスは?リコー・ペンタックスは?そしてニコンは?

オリンパスやリコー・ペンタ、パナなどは余り韓国市場に力を入れていないようで、昨年も出展ありませんでしたが、今年は何とニコンも非出展でした。リコー・ペンタ代理店のセギという会社のサイト。

昨年はこんな立派なブースを出していたのですが。

昨年のブース。

発売したてだったD5とD500。

鉄道模型を走らせて両機のAFと連写性能を体験できるコーナーもあったのですが。

確かに今年は今のところD7500ぐらいしか目立った新製品がなく、また、ニコンの経営状態が良くないのも事実ですが、出展していないというのは驚きました。今年はニコン創立100周年なので、今後に期待したいところです。

周辺機器や撮影用具など

日本と同様に梅雨もある韓国。防湿庫の出展もありました。

因みに私は、日本から持ってきた100V仕様の防湿庫を変圧器を繋いで使っています。

プリンター関係では、キヤノン、エプソン共に代理店による出展でした。

富士フイルムの巨大なプリンター

独自のブースを出していたサンディスク。

韓国には日本のヨドバシやビックカメラのような大型量販店が無いので、用品関係を色々と直接物色できる貴重な機会です。

書籍関係は、こちらにも専門誌はありますが、日本語版からの翻訳も多いですね。
この2冊も、良く見ると表紙に日本語も書かれているので翻訳版です。

デジタルカメラマガジンは韓国語翻訳版が毎月出版されています。

カメラ小僧な人達

韓国人は記念写真が大好きなのだそうで、そういった関係のブースも色々ありました。

こういった家族一同の写真とか、

ブライダル関係とかですね。あと、子供の1歳の誕生日も盛大に祝います。

テクニック講座もやっていました。

このセミナーは主に露出に関するテーマのようです。

スライドを読むと「露出関連設定に関する誤解」という題目で、ISO値、絞り、シャッター速度について講師の先生が説明しています。

写真展

ライカ、オスカー・バルナック賞受賞作品展

こちらは映画関連の作品展です。

釜山国際映画祭のレッドカーペット

和紙と同様の韓国伝統の紙、韓紙にプリントした作品展。

VDCMという写真専門誌主催のコンテスト受賞作品展。

これが大賞受賞作品。韓国人の色彩感覚によるものか、日本に比べると派手目にレタッチした作品が好まれるように見受けられました。

以下、入選作品です。

これはミラーレンズによるリングボケを活かした作品ですね。今時ミラーレンズとはシブいですね。個人的にはこの作品が気に入りました。

この日は仁川に住む義兄も来ていて、会場でばったり会ってコーヒー奢ってもらいました。義兄は友人と来ていて、3人で一時間以上話し込んでしまいました。私の韓国語はまだまだ怪しいですが、趣味に関することだと普通の会話よりも言葉が出てくるものです。

その他

大統領選挙が近づく韓国、会場内で何やら宣伝活動する兄ちゃん達。

会場外に警察のバスが停まっていたり、

喫煙コーナーも警官がいたり(喫煙コーナーを警備しているのではなく一服しているだけ)、

こんなオッサンがいたりして、何があるのかと思うと…

外で政治集会をやっていました。「第一次 太極旗 市民革命 国民大会」と書いています。太極旗に交じってアメリカ国旗も見えるので親米派の集会です。

本当にちゃんと開催できるのか、平昌冬季オリンピック。

上に少し書いたように、ヨドバシのような大規模店が有って、且つ、製品に直接触れたりできるのでは恐らく日本だけではないでしょうか。こういったショーに行かなくても新製品を直に確かめられる日本のカメラユーザーは恵まれています。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする