パク・クネ弾劾により行われた、2017年 韓国大統領選挙

日本でも大きく報じられていた通り韓国大統領選挙が終わり、文在寅(문재인=ムン・ジェイン)氏が当選しました。この人について私がどうこう言うことはしませんが、漸く朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾失職による大統領不在という異常事態は終わりました。

投票日は5月9日(火)でした。こちらでは日本とは違い投票は平日に行われ、その日は臨時休日になります。失職や辞任がなければ基本的に5年に一度しか大統領選挙はありません。折角の機会なので、投票に行くカミサンに同行して見物してきました。

普段はそれほど人通りの多くない近所の道ですが、やはり、この日は投票に行く人の往来が多かったですね。

うちのエリアの投票所は近所の中学校です。

居住地域毎に中学校の中に二つの投票所が設けられていました。
一つは学食、もう一つは多目的室です。

中学校の校庭。日本と同様、公立校は殺風景ですな。

勿論、日本人である私は入場できません。

外から中を伺うと、記入ブースと選管の人達が見えました。

投票所内はもちろんですが、投票用紙も撮影禁止で、違反すると2年以下の懲役又は400万ウォン以下の罰金が科せられるそうです。

投票の流れは日本の選挙とほぼ変わりませんが、受付で投票用紙を受け取る際に身分証明証を提示する必要があります。

投票用紙の見本です。
候補者の名前と所属政党が列記されています。また、各候補者に番号が割り当てられています。因みにこの番号は届け出順ではなく、所属政党の議席数の国会の議席数が多い順で、院外政党は政党名のハングル名(가나다…=カナタ…)順、無所属候補は中央選管での抽選なのだそうです。

どういう処理をするのか不明ですが、投票用紙左下の斜線は上のイラストの②で用紙を受け取る際に切り取られるそうです。

また、投票したい候補者に手書きで印を付けるのではなく、下図のように備え付けのハンコを押します。

1番が当選した文在寅氏。3番が対抗馬的な位置付けだった安哲秀氏ですが、結局2番の洪準杓氏にも及びませんでした。2番はこちらで言う保守系候補で、弾劾された朴槿恵前大統領を擁護するスタンスです。朴槿恵前大統領は弾劾失職しましたが、その父、朴正煕元大統領を信奉する人は高齢層を中心に未だに少なくないそうです。

TVの候補者討論会に出ていたのは5番のおばさんまでだったと思います。

番号が下がるにつれて泡沫感が増すような…。気のせいでしょうか。

11番と13番は途中で辞退しました。

15番の人、なんか良い感じに胡散臭いですねぇ。

韓国は選挙に限らず、何かと横断幕を使うのが好きです。

「共に(すれば)するほど美しい選挙」と投票を呼び掛ける横断幕。

選挙結果。投票率は77.2%だったとのことです。

※ 出典: Wikipedia

15番の人は0.10%得票したみたいですね。おめでとうございます。
因みに、カミサンに聞いてみたところ、日本のドクター中松とか羽柴なんとかさんのように、毎回選挙に出る名物おじさんは韓国では居ないそうです。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする