韓国での配偶者ビザ(F-6ビザ)延長…更新手続き・必要書類

早いもので韓国に来て2年になり、先日、ビザの更新に行ってきました。以下、次回の備忘も兼ねて、手続きについて記しておきます。

尚、うちは家内が韓国人ですので私のビザはタイトルの通りF-6というもので、正式名称は「配偶者ビザ」ではなく「結婚移民ビザ」です。小生、別に「移民」したつもりはないので、この名称には少々抵抗を感じるのですが・・・。尚、日本人に関係ありそうなビザとしては、留学のD-2、企業の駐在員はD-7、ワーキングホリデー(観光就労)のH-1等があります。

F-6ビザ延長に必要なもの

  1. 申請書・・・Hi Koreaのサイトからダウンロード(後述)
  2. パスポート
  3. 外国人登録証
  4. 手数料(3万ウォン)
  5. 婚姻関係証明書
  6. 配偶者の住民登録謄本(日本の住民票のようなもの)
  7. 訪問予約確認書(後述)

5と6は自分が住む地域の役所で取得します。私の場合はシンドリム住民センターで発行して貰いました。この他、住居の契約書や公共料金の納付証明書等、「滞留地立証書類」なるものも必要と聞いたので家の契約書も持参しましたが、「これは不要です」とのことでした。

ネットでの手続き

Hi Koreaのサイトで各種手続きを行います。

www.hikorea.go.kr
Welcome To "Hi, Korea!!"- Home
https://www.hikorea.go.kr/pt/main_en.pt

日本語はありませんが、英語、韓国語、中国語を選べます。私は勉強も兼ねて韓国語で行いました。

1. 申請書のダウンロード

ホーム画面の「민원서식=民願(申請)書式」をクリックします。

各種フォームをダウンロードするポップアップが現れるので、一番上の「통합신청서(신고서)=統合申請書(申告書)」をクリックします。

私はWordファイルをダウンロードしてPCで作成しましたが、PDFをプリントし、手書きしてもOKです。また、用紙は入管理事務所にもありますので、もし誤記等あればその場で書き直すこともできます。

これが申請書です。ビザ延長の場合は写真不要ですので写真貼り付け欄は気にしないでOKです。また、色々と記入欄がありますが、自分に該当しないと思われる部分や、良く分からない部分は空欄にしておけば申請窓口で教えてくれます。むしろ、曖昧な部分は埋めない方が良いでしょう。

2. 訪問予約

いきなり入管事務所に行っても受け付けて貰えません。Hi Koreaサイトから訪問予約しなければなりません。先ず、赤枠の「방문예약=訪問予約」をクリックします。

続いて右下の「방문예약(비회원)=訪問予約(非会員)」をクリックします。恐らく、ログインIDを取得すると会員としてログインできるのでしょうが、頻繁に利用するものでもないので非会員で良いと思います。

すると、外国人登録番号と登録証の発給日を入力する画面が現れます。
①外国人登録番号はハイフン抜き、数字のみを入力します。
②発給日は前回の更新日ではなく、手持ちの登録証が最初に発給された年月日です。これも記号抜きで入力します。例えば、2015年5月15日だと20150515です。

「확인=確認」をクリックすると以下の画面が現れますので、赤枠部分にチェックを入れ、携帯番号を入力します。一番下には4ケタの任意の暗証番号を入れます。この暗証番号は適当で構いませんが、もし予約を変更したい際に必要なので忘れないようにしましょう。
入力後、カレンダーのアイコン(緑枠部分)をクリックすると==>

==>予約カレンダー画面がポップアップで現れますので、都合の良い日時をクリックして確認し、画面を閉じます。

これで訪問予約は完了です。

完了すると訪問予約受付証をPDFファイルでダウンロードできますが・・・

・・・先ほど入力した携帯番号にテキストメッセージも送られてくるので、これだけあれば大丈夫です。必要なのは日時と受付番号、呼び出し番号です。

以上で準備完了です。

出入国管理事務所に行く

居住地によって管轄事務所が異なります。うち場合、管轄は5号線の오목교=オモッギョ駅から徒歩10分弱の所にあるソウル南部出入国管理事務所です。

緯度経度で指定

玄関には「開かれた移民行政、一つになる大韓民国」と書かれています。言葉の意味は分かりますが、何を言いたいのでしょうね?ここに限らず韓国の役所はスローガンを書くのが好きみたいで、近隣の区庁には「区民の皆さん、愛しています!」と書かれていたりします。

先ず1階で3万ウォンの収入印紙を買います(カード不可、現金のみ)。印紙は日本のように切手型ではなくA4の紙です(今回は写真を撮り忘れたので、下の写真は昨年の更新時に撮ったものです)。

庁舎内で写真は撮りませんでしたが、2Fの受付コーナーで待っているとモニターに自分の予約番号と窓口の番号が表示されます。書類一式を持って窓口に行き、書類一式とパスポート、外国人登録証を提出します。


<一言アドバイス>

1度目の更新だと1年しか延長できませんが、2度目の更新でも1年しか延長出来なかったという人もいれば、3年ビザを貰えた人もいるとの噂もあります。ですので、「今回は2度目の更新なので3年貰えますよね」と一応言ってみましょう。私の場合、担当官は暫く考えた後、「では、今回は2年ビザを差し上げます(やや直訳)」と言ってくれました。何も言わなかったら1年しか貰えなかったような雰囲気でしたので、駄目元でも言ってみましょう。

書類を提出して15分ほど待つと名前を呼ばれ、外国人登録証を返されます。裏に今回の更新日と次の有効期限が印字されています。

※プライバシー保護のため、写真をちょっとだけ修整しています(笑)

その他

有効期限が近付くと更新通知が郵送されてきます。こういった郵便物を確実に受け取るためにもですが、韓国では引っ越した際、2週間以内に役所に行って外国人登録証の住所変更をしないと罰則がありますので、手続きは忘れないようにしましょう。

最近韓国では中国人の在留者が増えていて、別の建物に中国人専用の窓口がありました。

入管の公用車ですが、パトカー仕様です。不法滞在者の取締り用??

因みに、韓国の役所も近年はまあまあ愛想も良く、普通に親切です。空港の入管係員はまだまだ無愛想な人が多いですが。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする