平昌オリンピックを目前に控えたソウル地下鉄にて

平昌オリンピックを目前に控えたソウル、一昨日地下鉄に乗ったら何か雰囲気がいつもと違います。

私が乗った車両の床がカーリングのラッピングになっていました。

最後尾の車両に行ってみました。

マスコットのスホランとバンダビ。虎とツキノワグマだそうです。

スホランの方は、韓国語で虎は호랑이=ホランイなので分かります。頭の”ス”は韓国語の守護・수호=スホ、国の守護神的な存在と掛けているそうです。公式サイトによると『オリンピックの頼もしい友達スホランの名前は、オリンピックに参加する選手、参加者、観客の皆さんの保護を意味する“スホ”(守護,sooho)と、ホランイ(虎)と江原道旌善アリランを象徴する“ラン”(rang)という意味を含んでいます。』だそうです。五輪期間中、北朝鮮の攻撃から護るというユーモア?

バンダビの方は、韓国語で熊は곰=ゴム(ムはmの子音で止めます)なので何だろうと公式サイトの説明を読んでみると、『ツキノワグマは意志と勇気の動物です。パラリンピックの大切な友達、バンダビの名前は半月(バンタル)を意味する“バンダ”(banda)と対話を意味する“ビ”(bi)という意味を含んでいます。』とのこと。半月は確かに반달パンダルですが、ビが対話というのは説明不足で、「対話を記念/祈念する”碑=ビ”」とすべきでしょう。

それはそれとして、車内が空いていたので別の車両にも行ってみました。

この車両はスノーボード。

こちらはスキーのジャンプ。

ボブスレー。

凹凸のある場所にもきれいにラッピングしています。

夜のニュースを見ていると、確かにオリンピック前の現地の様子も伝えていますが、それよりも北朝鮮からの訪問団についての方がずっと扱いが大きくて、何だか平昌五輪が北にジャックされているようにさえ感じたりもします。

因みに、車両の外側はラッピングしていなくて普通でした。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする