ソウルの桜が満開になりました…ソウル顕忠院(国立墓地)のしだれ桜

日本の桜は平年より早く開花したようですが、ソウルの桜は昨年とほぼ同時期の先週中頃に満開になりました。昨年は定番スポットである(汝矣島)ヨイドを中心に見に行きましたが、今年はしだれ桜が有名と聞いたので国立ソウル顕著忠院(국립서울현충원=クンニプソウルヒョンチュンウォン)に行ってきました。

↓昨年の桜の記事です。

国立ソウル顕著忠院は戦没者を中心に国家功労者が葬られている国立墓地で、地下鉄4号線と9号線が交わる銅雀(동작=ドンジャク)駅の8番出口を出るとすぐそこが正門です。

국립서울현충원

やはり戦没者墓地なのでこういった像があります。

墓がずらりと並ぶ光景は壮観です。

この日は先日購入したばかりのニコンD850とタムロン24-70 F2.8 G2を持って行きました。

クセの無いボケ味で満足しています。

なだらかな丘になっていて、一面に墓石が並んでいます。

警察官の鎮魂塔。

ここで防湿庫から久々に持ち出したミラーレンズ、Reflex-Nikkor 500mm f8というクセ玉に交換して撮ってみましたが…

風に揺れる桜にピントを合わせるのはほぼ不可能。そして、独特の玉ボケは桜には合わず背景がグルグル、見ていると目が回りそうなショットになりました。こういうの、面白いですけどね。

玉ボケ遊びは止めて遠景撮りに切り替えたものの、手持ちで500mmだとブレまくってフレーミングもままなりません。普段、如何に手振れ補正のお世話になっているかを思い知らされました。

遠くに見えるのは漢江です。

ミラーレンズ遊びはここまでにして丘を下りました。

慰霊館内の像。

このあたりがカメラを持った人で賑わっていました。

このしだれ桜が一番の銘木のようでした。

写真だと穏やかな春の日に見えるかも知れませんが、この日は風が強くて気温も低く、一通り写真を撮って退散しました。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする