ラムジン(라무진)で羊肉を堪能…韓国で味わうジンギスカン

韓国では意外と羊肉の人気があり、串に刺したものを炭火で焼く양꼬치(ヤンコチ)の店はあちこちにあります。そんな中で近年라무진(ラムジン)というジンギスカン店が人気で、フランチャイズ展開を拡大しています。

因みに韓国人にとって羊肉は何となく中華料理として認識されているようでヤンコチ屋には必ずチンタオビールがあったりしますが、ラムジンは日本式ジンギスカン(特に札幌式)インスパイア系のようです。

我々が訪れたのは義妹宅近くの마곡나루(麻谷ナル)店。駅近くの飲み屋が集まる一角にあります。

「生後1年未満のプレミアム冷蔵羊肉をスタッフが心をこめて焼いて差し上げます」と書いています。

ラムジンはソウル首都圏だけでなく韓国各地に展開していますので公式サイトのリンクを貼っておきます。

中々洒落た店内。カウンター席のみでテーブル席はありません。

日本の鉄板焼きのように目の前で焼いてくれるスタイルです。

注文したのはジンギスカン・ヤンカルビ。一人前250gで27,000ウォンと結構なお値段です。

セットには野菜も含まれています。

鍋というか鉄板の形は日本のジンギスカンと同じですが隙間あって中の炭火が見えます。

ハサミで骨と切り離しながら手際良く焼いてくれます。

中々良い感じの焼き加減。ジューシーで口に入れると肉の旨味が広がります。

やや酸味のある醤油ベースのタレ。

タレに入れる薬味の青唐辛子。これ、めちゃくちゃ辛いです。試しに舌に載せて危険を察知した私はパスしました。

で、肉に羊特有の臭みが殆ど無いので私は主に岩塩を付けて食べました。

コクのあるラム肉に合わせ、ドリンクは韓国ビールとしては濃い目のクラウドにしました。ハイト1本が4千ウォンに対しクラウドは5千ウォンと、ちょっと高めの価格設定です。

肉の油を程良く吸った焼き野菜。これはタレで食べました。

ここでオススメなのはニンニクライス。

ラムの合間にツマミとして食べると酒が進みます。

こちらの食べるペースに合わせて第二弾を焼いてくれます。

これもラムの合間に食べるとサッパリするキャベツの酢漬け。

最後はモヤシをドーンと載せて蒸し焼き。

酒類のセレクションは充実していますが…

メニューを見ると…

サントリー角瓶が9万ウォン!その他、チンタオビールが7千ウォンだったりと、輸入酒以外の価格はかなり高目です。

月桂冠の純米大吟醸は8万ウォン。韓国って日本の酒にプレミアム感があるのか、スーパーで売っている鬼殺しの紙パックなんかも矢鱈と高いんですよね。

この日のメンバーは皆ビール党だったこともあり結局クラウドで通しました。

ちょっと散財してしまいましたが上質のラム肉を堪能しました。尚、ラムジンはどこも人気なので予約して行った方が良さそうです。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする